デザイン制作・パソコンレッスン・メディカルアロマ講座・セッション・ハンドメイドアクセサリー販売 横浜市都筑区

起業したらfacebookはやって当たり前なの?

私が起業した当時、「起業したらfacebookとアメブロは当たり前!」と言われていました。

当時の私はfacebookは本気でやっていなかったし、アメブロも全然使いこなしていませんでした。

mixi社会→facebook社会

結婚する前、日本はmixi社会でした。匿名なのに、同級生・先輩・後輩…懐かしい人とたくさん繋がって嬉しかったですね。

けど、結婚してすぐ海外赴任したら、現地はfacebook社会。現地での日本人友人もfacebookをやる人が増えました。私は顔出し実名出しに抵抗があり、なかなかできませんでしたが、なんとかはじめました。

現地日本人友人の多くが言っていました。「日本にいる友達はfacebookをやりたがらない。顔出し実名出しが嫌みたい、mixiで十分」と。私の友人も同じこと言ってました。

しかし、ふと気づいたときにはmixiがすたれ、facebook社会になっていました。

「当たり前」が私には当たり前じゃなかった

帰国した2012年に起業したのですが、交流会や勉強会にいくと「facebookとアメブロは当たり前」みたいな話をどこでもされました。あと、「ブログは1日4記事5記事当たり前」とも。

当時の私は「あ〜当たり前なんだ!頑張ろう!」って素直に受けとってしまいました。確かに拡散しやすいとは思いました。必死になったんだけど、facebookへの頻繁な投稿とブログ1日4〜5記事やったら倒れました。

病気持ちの私にとっては、1日4〜5記事なんてやってはいけないことだったんです。自分が壊れたら意味ないから。「当たり前!」って言うけど、必ずしも当たり前ではないんだ、って気づきました。

当たり前のツールじゃなくなってきた!?

当たり前、当たり前と言われていたfacebookですが、最近はfacebook以外のURLが投稿内容に貼り付いていると、上がってこなくなりました。

一方で、「facebookをやっていません」という方にも多く出会うようになりました。やっていない人はただ「やり方がわからない」という人もいれば、「怖い」という人もいます。そんな方からは「LINEで繋がってほしい」と言われたりします。

私は正直、LINEを仕事では使いたくないんです。NPO法人の業務で多用してますし、プライベートと混ぜたくないからなんです。でも、facebookをやっていない方とは喜んで繋がらせてもらっています。

以前、「顔出しできない」という人にこんなふうに話をしました。「顔の見えない人からあなたは商品買いたいと思いますか?」と。

その方は、「買わないですね〜!あ〜そうか!」と納得したようで、うつむき気味(作業中)の写真で顔出しデビューできました。

facebookが必ずしも集客に使えるとは言えなくなり、私は無理にはおすすめしていません。

だって、InstagramやTwitter、LINEなど、使えるものは他にもあるんですから。

私が1つ気になっていること

facebookグループで限定メンバーでコミュニケーションとることありますよね。

それって、facebookやっていない人は参加できないじゃないですか。LINEグループも同様ですかね。

facebookグループで活動するから、という前提のグループも存在します。

「みんなfacebook見てないね〜!」って言うけど、facebookやっていない人を置き去りにしていませんか?

facebookグループだと機能の面や、コミュニケーション取りやすいというのもあるかもしれませんが

facebookやってないと入会できないのですか?facebookやっていないと受講できないのですか?

そんなふうに言われたら寂しくないですか?「facebookやっていない人はゴメンナサイ」でいいの?

さっきも言ったけど

InstagramやTwitter、LINEなど、使えるものは他にもあるんですから。 facebookだけじゃないよ、ってこと。

逆を言えば、facebookをやっていない人は「やったみよう」という勇気を持ってもいいかもね。

LINEは1つではない

仕事でLINE使いたくない!って人はいるかもしれませんが、自分が配信する側でしたら、LINE公式アカウントというものが使えますよ!

どれを使うにしても

何を使って発信するにしても、続けることが大事。そして「義務感にかられないこと」。義務感にかられると、楽しくなくなりますよ。

結論

facebookは無理にはおすすめしません。ただ、facebookに登録していることが前提のものもあります。facebookをやっていない人はそれを期に登録してみては?登録してみる勇気を持ってみてもよいかも。

それでも使いたくない人はInstagramやTwitterにトライしてもよいかも。

わたなべ あいこ
この記事を書いた人
デザイナー、メディカルアロマアドバイザー、 ヒーラー・占い師、ハンドメイド作家
SNSでフォローする